So-net無料ブログ作成
検索選択
弁護士ブログランキングに参加しています。
よろしければ,下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします!!

   にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ にほんブログ村弁護士ブログ

   広島ブログ 広島ブログ

ぼくのルーツは村上海賊!?(ペンの旅1)

シカゴ・ダラス報告は、一旦中断・・・

11月1日(日)、広島ペンクラブメンバー25名で行った
「しまなみ海道」日帰り研修旅行「ペンの旅」
のことを2回にわたって[わーい(嬉しい顔)]

午前は、大島(愛媛県)の村上水軍博物館。
学芸員の説明。本屋大賞の「村上海賊の娘」の展示も[カメラ]
151101_1027-01.jpg

村上水軍最強のお城があった能島の説明[カメラ]
151101_1031-01.jpg

この博物館にて、意外な事実を発見したのだ[ひらめき]

瀬戸内海を初めとして、日本最強の海賊だった
村上海賊(村上水軍)の本拠地は、
愛媛県の大島とお城のあったすぐ隣の小島、能島だ。
ぼくの出身地である能美島からはかなり離れている。
だから、能美島は村上水軍とは無関係かと思っていた。

ところで、ぼくの実家の近所で昔から住んでいる約2,30世帯からは
東大の4、5世帯を始め、京大や阪大、早稲田大学などに進学
しており、田舎にしては多いな、
また、ぼくの叔父は戦時中に陸上選手としてオリンピックにも
出場している。他にも能美島出身のオリンピック選手。
何かあるのではと、昔から疑問に思っていた。

能美島は宮島(厳島)の対岸であり、
厳島合戦などの武将が住み着いたのでは、
そして、それは海賊ともいえる人たちかな、
そうした血が能美島住民には流れているのかなと、
思っていたのだ。
ただし、村上海賊(村上水軍)とは直接関係はないかなと。

ところが、今回の旅行で、能美島と村上海賊のつながり
を発見したのだ[exclamation]

同博物館の資料によると、
村上海賊は、能島、来島、因島の3つがあったが
その最大最強の部隊が
村上武吉率いる「能島村上」だった。
(本屋大賞をとった「村上海賊の娘」の父が武吉。)

その村上武吉一族関係者が、
豊臣秀吉が「海賊禁止令」を出したので、
1587年に、能美島と屋代島(周防大島)に移住したと
いうのだ[exclamation×2] (能美島はぼくの出身地)

村上氏は、当時この地域を統治していた河野氏の
家臣であり、両氏は深い親戚関係にあったようだ。
ここで、思い浮かんだのが、
ぼくの祖母は、家制度があった昔、山下家を継ぐために
河野家から養子をもらい婿にしたということ。

この河野家が上記河野氏と血のつながりがあると、
ぼくは能島村上(村上海賊)と血がつながっているかも。

能島村上の子孫は膨大にいるはずだが、
ぼくもその一人の可能性があるのかなと・・・[わーい(嬉しい顔)]

博物館の後は、その前の桟橋から出ている船に乗って
「潮流体験」。
正面が、能島。
島一周が1㎞弱の小さな島であり現在無人島[カメラ]
151101_1108-01.jpg

能島周辺は激流のこともあり、船にとっての難所だったようだ。
スリル感はすごい[目]
151101_1115-01.jpg

長くなったが、もう一つロマンチックな空想を。

ぼくは弁護士として、会社の倒産手続きを相当数手がけてきたが、
そいうえば、十数年前に、
この村上水軍の本拠地である大島(愛媛県)の会社の整理を行いに、
自家用車で何回か来たことがあったなと。

ぼくが手掛けた会社の倒産手続きで島の案件はこれ一つ。
しかも、広島からは車で2時間もかかる遠くの島のこと、
何か、村上水軍(の霊)がぼくに助けを求めてきたのかなと、
空想まで膨らんでしまった[わーい(嬉しい顔)] 

[ひらめき]弁護士ブログ人気ランキングに参加しています。
下の「弁護士」をポチッとクリックお願いします。
1日1回有効で,1週間の合計クリック数で順位が決まります。
現在,全国1位を競っています。
ご協力していただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

[ひらめき]広島ブログにもエントリーしました!
↓クリックお願いします!!(1日1回有効です)
広島ブログ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。